やまがた未来プロジェクト2021

MENU

2021.06.19

となりの仕事人

株式会社山形銀行 難波 晃矢 さんの場合

お客さまの
その先を見据えて

株式会社山形銀行 西村山営業第一部 難波 晃矢さんの場合
(29歳、山形市)

 入行8年目。支店は3カ店目で、法人営業を担当しています。支店が変わればお客さまの業種もがらっと変わり、絶えず新しい知識を蓄えていけるのが、銀行員の醍醐味の一つだと思います。また、創業案件の担当になり、お客さまの思いに銀行の視座をプラスして事業計画を立て、二人三脚で新しいものを形にできた時は、大きなやりがいを感じました。

 コンサル力など銀行員が身に付けるべき素養は増えていきますが、プロフェッショナルとして新しいことに挑戦できるチャンスでもあると思います。今はお客さまとコロナ禍を乗り越えることを最優先に、乗り越えた先を見据えて、販路拡大や経費の見直しなど幅広く、その先のプラスになるお手伝いをしていきたいです。

 後輩たちに伝えたいのは、最初は分からないことだらけで当たり前。おっかなくても、そこで負けずに突っ込んでいってほしい、ということ。振り返ってみれば、知識がなくふがいない思いをした後ほど、より知識を深めて、お客さまとも仲良くなれたように思います。

仕事中のシーンと、職場での愛用品の数々。休日は妻と、料理の「週末作り置き」に励む。テレビで見るのは、経済系のドキュメンタリー番組。業界事情を知りたいと土日にまとめてチェックしている。

事業内容/普通銀行業務

山形市七日町3丁目1-2  TEL023-623-1221

TOPへ