やまがた未来プロジェクト2021

MENU

読者プレゼント

2021.11.13

となりの仕事人

株式会社ダイバーシティメディア 佐藤由美子 さんの場合

お客さまのちょっとした
言葉に支えられている

株式会社ダイバーシティメディア
カスタマーサービス部 部長
佐藤由美子さんの場合
40歳、山形市)

 カスタマーセンターで、お客さまからの問い合わせや、加入後のフォローなどを担当しています。あまり人目につくこともない、いわゆる裏方の仕事です。とはいえ電話での対応が、その会社の印象を決めることだってあるはず。「自分は社を代表して電話に出ているんだ」。―そう自覚しながら、スキルアップに努めてきました。お客さまの顔が見えない電話口。声のトーンを頼りに話のポイントや、お客さまの気持ちを自分なりにすくい上げ、的確に担当部署につなぐよう心掛けています。

 インターネットや多チャンネルなど、新しいエンタメやコンテンツがどんどん出現している昨今。当社も常に新鮮な価値を提供していくため、新しいサービスを開発しています。私たちも、知識をアップデートしていかなくてはなりません。一方で、以前からの商品についても、変わらず熟知している必要もあります。変化と不変、双方に対応するのは大変ではありますが、お客さま対応の最前線にいる者としてそれが使命ですし、お客さまからのちょっとした「ありがとう」の言葉に、今日も支えられているんです。

同社が提供するケーブルテレビや多チャンネル、インターネット、電話などのサービスは、生活になくてはならないインフラ。「電話越しに、このサービスを頼りにしている方がとても多いと感じています」と佐藤さん。できればずっと今の部署で、今の仕事を極めたいと願っているそうです。

事業内容/ケーブルテレビ、多チャンネル、インターネット、固定電話などのサービス提供

山形市あこや町1丁目2-4

https://www.diversitymedia.jp/

TOPへ