やまがた未来プロジェクト2023

MENU

2023.07.01

となりの仕事人

山形日産自動車株式会社 長澤和暁さんの場合

頼まれ事に最善を尽くす
そこから道が開ける気がする

山形日産自動車株式会社
鳥越店 課長代理
長澤和暁さんの場合
(戸沢村出身)

 自動車整備の仕事を経て、結婚を機に地元へ。新車販売は未経験でしたが、「お客さまのため最善を尽くそう」とこだわってきました。例えば車の困り事があって連絡を頂いた時。いつもその場で全てを解決できるとは限りません。しかし自分ができる何らかのアクションを必ず実行しようー、と。そんな小さな努力を積み重ね、おかげさまで感謝の言葉を頂き、それを励みに今があるのかなと思っています。そもそも、お客さまあってのこの仕事。どう関係を築くかは自分次第です。だから、まずは自分が相手を好きになる。人間関係の第一歩として、後輩たちに伝えていきたいですね。

 去年6月、課長代理に昇進しました。それまでは自分のことを考えていればよかったけれど、今は店舗全体への責任があります。かつて上司に言われた「頼まれ事は試され事」という言葉が、このポジションになりしっくりくるようになりました。お客さまに対しても上司としても、「頼まれ事」解決法の引き出しを増やしていきたいです。


山形日産グループは、地域社会を通したSDGs活動に取り組み続けています。例えば「ニッサンの森」活動。企業と地域の交流を目指した「やまがた絆の森」協定を2017年より県と締結し、年に2回、朝日町にて環境にやさしい森づくりをテーマに、草刈りや歩道整備などの活動を実施しています。電動の草刈り機などを使用する際は、100%電気自動車である日産リーフを電源として使用するなど環境保全に努めています。自然の中での活動を通して、社員が心身共にリフレッシュする場にもなっています。

自動車整備士を目指す高校生を応援
独自の進学支援制度があります
(本社)山形市南一番町9-10


TOPへ