やまがた未来プロジェクト2022

MENU

次回発行予定ボタン

2022.05.26

vol.13暮らし

表紙のはなし

おかげさまで「キミヘ」は創刊3周年!本年度も、表紙イラストを担当してくださるのは人気イラストレーターの和遥キナ先生です。ここでキナ先生に、イラストレーターになるまでの道のりや、読者の皆さんへのメッセージをお聞きしました。

Q
イラストレーターになるまでの道のりを教えてください。
A

もともと、フリーランスのイラストレーターを目標としていましたが、大学卒業時まだ実力が伴わないと思ったため、一度ゲーム会社に2DCGデザイナーとして就職しました。3年ほど勤務して、その間に徐々に副業でイラストのご依頼を頂けるようになったため、退職しフリーランスになりました。

Q
プロとして活動する上で、大切なことってなんですか?
A

謙虚な気持ちを忘れないこと、常にクライアントの求めているものが何なのかを考えることです。その上で、自分の持ち味、作家性が何なのかを見失わず、発揮していくことが重要だと思います。

Q
山形との接点は?
A

2018年に日大山形高校の文化祭で個展を開催させていただいたことは今でも忘れられない思い出です!

Q
キミヘの読者にメッセージを
A

今やりたい!って思ったことを数年後でいいやと思わず、すぐに行動してほしいです!私はすぐに行動したからこそ今の自分があると思ってますが、それでももっと早くに…と思うこともあります!ぜひ、この瞬間の「想い」を大切にそして大胆にしてください!

P R O F I L E
かずはる・きな=立教大学文学部卒。2009年からイラストレーターとして活動。15年から画集・作品集を計4冊出版。女子高生を日本のポップカルチャーとして描き続けるほか、ゲームのキャラクターデザイン、小説の挿画、進研ゼミ発行の情報誌などさまざまな媒体で活躍中。

Twitter @kazuharukina

TOPへ