やまがた未来プロジェクト2022

MENU

2021.12.02

vol.11暮らし

教えて!本坊さん

過酷なバイト経験を経て芸人人生を不器用に歩むソラシド・本坊さんが、若者の悩み・質問にぬるっと答えます

Q
山形にいても都会と戦える方法教えてください
(19歳・専門学校生・男性・天童市)
A
住みます芸人を決めた時はもう売れないのだと思いました。でも本音は諦めていませんでした。山形でしかできないことをしよう。いつかそれを武器に東京のテレビに出るという野望を持って活動しています。

東京にいた時はそれが工事現場のバイトでした。売れっ子芸人ができないエピソードがあればテレビに出られるんじゃないか? 厳しい職人の中で地獄を求めてバイトしていました。嫌なやつがいると、こいつでエピソードができるなと付いて行ったものです。

東京だろうが山形にいようがその他大勢にならないようにしたい。バイト芸人ですじゃなくてソラシド本坊のバイトがおもろい、住みます芸人というくくりじゃなくてソラシド本坊が山形にいると言われるようにしたい。

コロナ禍を経てリモートで大概行けるのが分かりました。リモートで東京のテレビやラジオにも出ました。東京にいるというメリットがなくなったような気がします。東京にはなんでもあって山形にはなんにもない。このなんにもないが東京にはない最大の強みです。シムシティなら何でも建てられる状態です。何でもできるのです。今ある環境を生かして面白いことを前向きに考えるといつかきっと東京のテレビに出られると思います。

なんにもないが東京にはない最大の強みです

profile 本坊元児

ほんぼう・がんじ=1978年、愛媛県生まれのお笑い芸人。吉本興業所属。2001年1月、水口靖一郎とコンビになり「ソラシド」を結成。ボケ担当。「山形県住みます芸人」として活動中。過酷なバイト体験などをつづった著書『プロレタリア芸人』(扶桑社)は文庫化され好評販売中。

Twitter @honbouganji
https://twitter.com/honbouganji/
【イベント出演依頼はこちら】
https://www.yoshimoto.co.jp/kogyo-eigyo/

本坊さんに質問or悩みを相談してみませんか。
応募フォームはこちら

TOPへ