やまがた未来プロジェクト2021

MENU

読者プレゼント

2021.11.04

vol.10暮らし

教えて!本坊さん

過酷なバイト経験を経て芸人人生を不器用に歩むソラシド・本坊さんが、若者の悩み・質問にぬるっと答えます

Q
コミュ障で友達が少ないです。でも学生ライフを楽しみたいです。
どうしたらいいですか?
(19歳・大学生・男性・山形市)
A

 コミュ障というと最近よく見聞きしますが障害というよりぶっきらぼうであったり、ただ単に人見知りなども含まれているように思います。

 芸人で人見知りを公言する人が嫌いでした。スタッフに仕事以外話し掛けてくれるなと公言しているわけです。相手だって喋りたくないわい!誰だって初めて会う人と喋るのは気を使います。初めて会う人と喋りたいやつはただの変態です。

 新学期や転校したときは皆、不安だしなかなか打ち解けないものです。コロナ禍であの緊張感がずっと続いてかわいそうに思います。


 僕は東京で日雇いをしているとき、毎日知らない人と働いていました。朝、ほぼ無言だったおじさんも夕方になると「しんどかったな」なんて口を利いてくれます。部活のように同じしんどさを共有すると少し心が開かれます。翌日また知らないおじさんと働きますので仲良くはなりませんでしたが、僕には都内に親密度1のおじさんがたくさんいます。


 進路のことやサークル、バイトや彼女が欲しいでもなんでもいいから何か隣のやつに話し掛けてみたらいいと思います。皆、コロナ禍で寂しいですから「なんだこいつ」と思われるのと同時にうれしいと思ってくれますよ!

誰だって初めて会う人と喋るのは気を使います

profile 本坊元児

ほんぼう・がんじ=1978年、愛媛県生まれのお笑い芸人。吉本興業所属。2001年1月、水口靖一郎とコンビになり「ソラシド」を結成。ボケ担当。「山形県住みます芸人」として活動中。過酷なバイト体験などをつづった著書『プロレタリア芸人』(扶桑社)は文庫化され好評販売中。

Twitter @honbouganji
https://twitter.com/honbouganji/

本坊さんに質問or悩みを相談してみませんか。
応募フォームはこちら

TOPへ