やまがた未来プロジェクト2021

MENU

2021.05.20

vol.7暮らし

教えて!本坊さん

過酷なバイト経験を経て芸人人生を不器用に歩むソラシド・本坊さんが、若者の悩み・質問にぬるっと答えます

Q
 将来就きたい仕事を決められません。どうやって今の仕事にたどり着きましたか?
(18歳・高校生・女子・山形市)
A

 学生の頃、周りの友達と同じようにバラエティー番組を見てお笑いが好きでした。好きだから芸人の道を選びましたが、これは幼稚な選択だったとも言えます。若さの勢いだからこそと言えば聞こえはいいですが、まあ馬鹿なんです。皆さんが、今進路で悩んでいるようなリスクや失敗などが頭の片隅にもよぎらなかったのです。

 親にはもちろん反対され、甘くない、厳しい世界だのいろいろ言われましたが、正直全く聞く耳を持っていませんでした。だからまだやっているのだと思います。ネガティブな可能性を気にし過ぎると身動きできなくなってしまいます。ある程度そこは目をつぶって動きだすのがいいんじゃないかと思います。だから僕はずっと目を閉じています。

好きだから選んだわけですが…

まあ馬鹿なんです

profile 本坊元児

ほんぼう・がんじ=1978年、愛媛県生まれのお笑い芸人。吉本興業所属。2001年1月、水口靖一郎とコンビになり「ソラシド」を結成。ボケ担当。「山形県住みます芸人」として活動中。過酷なバイト体験などをつづった著書『プロレタリア芸人』(扶桑社)は文庫化され好評販売中。

Twitter @honbouganji
https://twitter.com/honbouganji/

本坊さんに悩みを相談してみませんか。応募フォームはこちら

(今回の質問はキミヘ06号読者アンケートより)

TOPへ