やまがた未来プロジェクト2020

MENU

2020.05.20

大学・高校特集

みんな、家で何してる? #stay home

学生たちはこの春どんな過ごし方をしていたのでしょう。
芸工大生のクリエーティブな〝おうち時間〟を教えてもらいました。

協力 / 東北芸術工科大学

オンラインで友人と企画会議。

時間ができた今だからこそ、企画書を作成するスキルを磨いています。
オンライン会議で「次世代にむけたユニークな商品販促」の企画を友人と議論中。
デザイン工学部企画構想学科4年
天野豪紀さん(鹿児島県出身)

今だからこそ、編集技術を勉強中!

フォトグラファーを目指しているので、自宅では写真編集をよくしています。
おうち時間が多い今だからこそ編集技術を磨いてる最中です。
デザイン工学部映像学科2年
丸子志織さん(南陽市出身)

創造の源は、家族との思い出。

「便乗バレリーナ」というオリジナル映画の脚本を書いています。
アイデアに行き詰ったときは、家族との記憶や思い出の品を創造の源にしています。
デザイン工学部映像学科3年
加藤健太さん(宮城県出身)


あえてアナログで描いてみる。

自宅で漫画を描いています。普段はPCですがアナログ(筆記)で挑戦。
アイデアをインプットするために映画鑑賞や読書をして過ごしています。
芸術学部文芸学科3年
及川七聖さん(宮城県出身)


感謝を込めて、作品づくり。

自宅にこもって楽しみつつ、クラウドファンディングで私を支援してくださった方へお送りする作品を制作しています。とても楽しいです。
大学院修士課程 芸術文化専攻絵画領域1年
亀山晴香さん(宮城県出身)

感覚を失わないよう、
部屋を制作空間に。

大学で大きな絵が思い切り描けるようになるまで絵を描く感覚を失わないよう、 自分の部屋をアトリエに絵を描きためています。
熱帯魚との対話で日々癒されています。
大学院修士課程 芸術文化専攻複合芸術領域1年
土田翔さん(福島県出身)


ほかの画材で新たなテイストに挑戦中!

自然画材(岩絵具)だけではなく、 パールなどの人工画材で品のある絵を描いてみたいと思い、 花屋さんで目に留まったバラを描いています。
芸術学部美術科日本画コース3年
阿部未歩さん(中山町出身)

旅の思い出を絵で再現!

旅先の雰囲気や五感で感じた記憶を、写真を見ながら絵に描いています。
夢中で描くと旅に戻った気分に。 過去の時間を何度も思い出すことができます。
芸術学部美術科彫刻コース3年
光瀨由佳さん(神奈川県出身)

TOPへ