やまがた未来プロジェクト2020

MENU

2020.09.27

バトンSTORY

株式会社サニックス バトンストーリー

先輩から後輩へ、伝えたいこと。後輩が先輩から、学びたいこと。
山形の企業の現場で働く人々の思いをつむぎます。

ワンストップサービス
滞らせない仕事

 トラックの車体をカスタムメードしている当社で、業務部は、営業と製作現場の橋渡しをするハブ的な部署だと思っています。特に車検を通すというのは大事な仕事です。いくら要望通りに造っても、車検を通らなければ意味がないし、それで納期が遅れでもしたらご迷惑を掛けてしまう。ですからその分野の担当として、経験値を積み上げてきたつもりです。
 「サニックスのトラックは、他と違ってここが良い」と思ってもらいたいですし、細かいリクエストにも応えようと汗を流す現場の人間を守りたい。その一心です。今野くんは頭がいい部下。会社全体を見渡し、動かせる人材に育ってほしいです。

車体部長 兼 業務部長 星川 敏哉さん
(55歳、川崎市生まれ)

車体部長 兼 業務部長の星川 敏哉さん(左)と業務部の今野 竜平さん(右)

元々ゼロだった自分の
視点を生かしたい

 大学の先生の後押しもあり入社しましたが、トラック業界は未知の世界。工具の使い方も知らないような自分が、受け入れてもらえるのか…。最初は不安だらけでした。しかしゼロから教えてもらい一つずつ仕事をこなすことで、今では会社の一員になれたと感じています。
 今はまだまだ足りていないことが多く、膨大な経験値を持つ部長に頼ってばかりです。それでも、どうしたら現場の人たちが気持ちよく仕事ができるのか、元々ゼロだった自分の視点で考えて、貢献していけたらうれしいですね。 これから星川部長にしかできない仕事を、自分もできるようになりたいです。

業務部 今野 竜平さん
(24歳、秋田市生まれ)

事業内容/トラックの車体製作、鈑金・塗装、車検・整備など
山形市十文字812
TEL023-687-3111
https://sanics.co.jp/

TOPへ