やまがた未来プロジェクト2020

MENU

2020.11.24

バトンSTORY

藤庄印刷山形株式会社 バトンストーリー

先輩から後輩へ、伝えたいこと。後輩が先輩から、学びたいこと。
山形の企業の現場で働く人々の思いをつむぎます。

新しい価値を創造する
人材を育てたい

 営業一筋約20年になります。印刷物は基本オーダーメード。サイズや用紙、数量など選択肢が自由で、無限の可能性があります。営業の仕事は、お客さまの欲しい物が何かをよく聞いて提案し、形にすること。形として残せることが印刷物の魅力ですし、どんなにデジタル化が進んでも必要な仕事だと思っています。
 西堀君はお客さまの要望を深掘りし、新しい案件を開拓できる営業マンです。印刷の知識も豊富なので、安心して任せることができますね。彼に続く若い人も働きやすい環境をつくり、新しい価値を創造する人材を育てていくことが、私たち世代の使命だと考えています。

本社営業部 部長 佐藤 優さん
(43歳、山形市生まれ)

本社営業部 部長 佐藤 優さん(左)と
本社営業部 課長代理 西堀庸介さん(右)

引き出しと経験値を増やし
期待以上の印刷物を

 既製品がなく、いくらでもカスタマイズできるのが印刷物。営業の魅力はそうした印刷物をゼロベースから提案できるところにあります。佐藤部長はお客さまのニーズに応える引き出しがとても多く、話の進め方一つとっても勉強になります。
 自分も事例の引き出しを増やすために、普段の営業の合間や県外出張の折には必ず、街で見掛けた印刷物をチェックするようにしています。あえてずらした折りや、思わず開きたくなるデザインなど、印刷物の加工や表現方法が多様で、見ていて飽きることがありません。初めての加工や表現にもひるまず挑戦し、お客さまの期待を超える印刷物を残せるよう、経験値を積み重ねていきたいです。

本社営業部 課長代理 西堀庸介さん
(35歳、寒河江市生まれ)

事業内容/各種印刷物、デジタルメディアコンテンツ制作など
〈蔵王の森工場〉上山市蔵王の森7
TEL023-677-1111
https://fujisho.co.jp/

TOPへ