やまがた未来プロジェクト2021

MENU

2020.11.24

バトンSTORY

株式会社クリーンシステム バトンストーリー

先輩から後輩へ、伝えたいこと。後輩が先輩から、学びたいこと。
山形の企業の現場で働く人々の思いをつむぎます。

みんなを笑顔で家族の元へ
それが現場監督の使命

 建築・土木の会社から36歳の時に転職しました。上に積み上げていく建築現場に比べ、上から壊していく解体作業は危険度が高く、より安全面への配慮が必要です。近隣の方々に迷惑が掛からないよう細心の注意が必要ですし、現場のみんなを笑顔で家族の元へ帰すことが、現場監督の使命だと思っています。そして、苦労して解体して搬出も全て終え、更地にした時の爽快感といったら! ここから新しい建築、新しい物語が始まると思うとやりがいを感じます。
 石沢君は真面目で熱心。現場を引っ張っていく人材です。解体の怖さを忘れずに、危険を予測し回避しながら施工できる現場監督に育ってほしいです。

解体事業部 チーフリーダー 庄司泰寛さん 
(40歳、河北町生まれ)

解体事業部 チーフリーダー 庄司泰寛さん(左)と
解体事業部 石沢拓巳さん(右)

生き物のような建物
安全にきれいに解体

 高校では3年間、環境美化委員会に所属し、校内のごみ分別を推進してきました。学校がきれいになるのがうれしくて、そういう仕事に大きなスケールで取り組み、環境にも貢献できる当社に興味を持ち、入社を決めました。
 本社の建屋で廃棄物を手で分別していく業務を4年間担当し、今年から解体の現場に来ました。生き物のように一つ一つ違う建物を相手に、壊して分けて搬出して、スッキリきれいにしてしまう…。なんてスゴい仕事なんだと驚いています。中でも庄司さんからは常に安全の大切さを教わっています。みんなを守るという気持ちの強さに圧倒され、事故は起こせないと背筋が伸びます。

解体事業部 石沢拓巳さん
(22歳、山形市生まれ)

事業内容/解体工事、廃棄物リサイクル、廃棄物収集運搬など
山形市飯塚町字中河原1629-5
TEL023-644-2228
www.csyam.com/

TOPへ