やまがた未来プロジェクト2020

MENU

2020.11.29

バトンSTORY

株式会社かわでん バトンストーリー

先輩から後輩へ、伝えたいこと。後輩が先輩から、学びたいこと。
山形の企業の現場で働く人々の思いをつむぎます。

ゴールキーパーのような
ポジションに誇り

 当社が製造する配電盤や分電盤、制御盤は、建物に電気という血液を送り込む心臓のようなもの。不良品を出すわけにはいきません。ですから最終工程にあたる検査部門は、サッカーでいえばゴールキーパーのような重要な役割だと思っていて、入社から18年間ずっと業務に携われることに誇りを持っています。自分の業務はもちろん、リーダーとして日々改善されていく検査方法をチーム内で共有し、みんなで作り上げた製品を完璧な形でお客さまに届けたいです。
 尾形君は教えられたことをすぐ自分のものにできる、期待の3年目。自ら調べる姿勢もあり、その探究心をずっと持ち続けてほしいです。

第一検査チーム チームリーダー 高橋一樹さん 
(36歳、飯豊町生まれ)

第一検査チーム チームリーダー 高橋一樹さん(左)と
第一検査チーム 尾形幸輝さん(右)

訊くだけじゃなくて調べて
検査を究めたい

 地元で全国規模の大きな仕事をしている、という点に引かれて入社を決めました。建物に電気が通らなければ活動は成り立たず、社会に必要な物をつくる仕事だと責任を感じています。
 検査チームでは製品と図面を端から端まで突き合わせ、間違いがないかチェックしたり、通電の検査をします。まだまだ分からないことだらけですが、先輩に何度も訊くと時間を取らせてしまうので、以前のデータやメーカーの仕様書などを自分で調べることを心掛けています。それでも分からないことを、何でも教えてくれるのが高橋さん。リーダーのように検査を極め、自分も後輩から訊かれる存在になりたいです。

第一検査チーム 尾形幸輝さん
(22歳、南陽市生まれ)

事業内容/配電制御システムの設計、製造、販売、メンテナンス
南陽市小岩沢225
TEL0238-49-2011
https://www.kawaden.co.jp/

TOPへ